殆ど自宅にて過ごすような場合はいいかといって、そうでなけれね頻尿は様々な場面で困ってしまいますよね。頻尿の要因としては泌尿器官の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)や老化の他にも、心因性の頻尿などいろいろありますが、特に泌尿器系の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)の場合なら薬が大変効果的です。頻尿の原因で一番多いのが膀胱炎(特に女性がなりやすく、再発しやすいという特徴があります)だと言われており、特に若い人が突然頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)になった場合には、膀胱炎(男性は女性に比べてかかりにくいのですが、もし、発病した時には女性よりも治りにくいといわれています)や尿道炎を疑った方が良いはずです。ドクターから処方された薬を指示された通りに飲めば、すぐに症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)は改善します。この時に使われる薬は、膀胱の収縮を改善する抗コリン剤や膀胱平滑筋弛緩薬(スクシニルコリンやA型ボツリヌス毒素などがあります)、そして、膀胱や尿道の炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)を抑える抗生剤です。当然、使用する場合、医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)の指示に従う必要があります。また、泌尿器(体内にある尿を作って排出を行う器官をまとめた表現です)系には問題がないのに起きてしまう原因不明の頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)の中には、神経性ではないかと思われる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)ってありますよね。例えば、映画館や会議など、長時間トイレに立てないような時に限って尿意を催してしまうようなケースなども神経性頻尿(頻尿には一回の排尿量が多い場合と少ない場合があります)の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)に含まれているんです。そういう場合には、抗生剤などは効果がないのです。頻尿(夜に起こる場合には、夜間頻尿ともいいますね)が起きる状況や症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)にあわせて、抗不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)薬や自律神経調整剤、抗うつ剤などを使うことがあります。ただ、これらは確実に頻尿を止められるわけではありません。ですから、膀胱の収縮を緩和する目的で抗コリン剤を併用することもあります。いずれにせよ、加齢による頻尿(一回の尿の量が多い場合には、水分のとり過ぎが原因のことがほとんどでしょう。糖尿病の人が水分をとり過ぎた結果として頻尿になることもあります。尿崩症や慢性腎不全の場合もあるかもしれません)ではない場合には早いうちから通院されることをお勧めしますー